編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

日本国内のセキュリティ市場は引き続き急速に拡大--IDCが市場予測を発表

吉澤亨史

2006-07-11 18:09

 IDC Japanは7月11日、2005年の国内セキュリティソフトウェア市場および2005〜2010年までの市場予測を発表した。発表によると、国内セキュリティ市場は2003年から2005年にかけて、ソフトウェア、アプライアンス、サービスそれぞれの市場において急成長した。この背景には、企業のセキュリティ意識の向上があるとしている。

 2005年の国内セキュリティ市場は、セキュリティソフトウェア市場が前年比21.9%増の1324億円、セキュリティアプライアンス市場が前年比28.0%増の260億円、セキュリティサービス市場が前年比15.2%増の4172億円の市場規模となった。いずれの市場も前年に引き続き急成長しており、頻発する情報漏洩事件や個人情報保護法の施行、日本版SOX法の発表などにより、企業が情報セキュリティ対策を強化する傾向にあることが反映されている。

 ファイアウォール、侵入検知やアンチウィルス機能をまとめて搭載した統合型アプライアンスの市場が特に拡大しており、主要製品が低価格帯に集中していることから、今後も中小企業向けのセキュリティソリューションとして急速に普及する可能性が高いとしている。一方、セキュリティソフトウェア市場も21.9%の伸びとなっているが、長期的にはアプライアンスやサービスに移行していくと見られ、今後の伸びは緩やかになると見ている。

 セキュリティサービス市場では、大企業のセキュアシステム構築は2004年と2005年に大規模な投資がなされており、今後は中堅、中小企業の投資が増加すると見ている。また、運用管理には専門技術者と運用担当者を確保する必要があるため、企業規模に関わらずアウトソーシングを利用する傾向が強くなるとしている。

 これらの状況を踏まえ、IDC Japanでは2005年から2010年までの年間平均成長率は、セキュリティソフトウェア市場が11.2%、セキュリティアプライアンス市場が15.2%、セキュリティサービス市場が16.6%になると予測している。また、その内訳は大企業から中堅、中小企業の割合が多くなると見ている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]