編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

トランスウェア、日本語迷惑メールを高精度で遮断するアンチスパム製品

WebBCN (BCN)

2006-08-23 11:23

 トランスウエア(松田賢社長)は、日本エフ・セキュア(渡邊宏社長)のア ンチウイルス製品「F-Secureアンチウイルス」をオプション搭載した、アンチ スパム製品の最新版「Active! hunter 2.0」を9月上旬に発売する。

 「Active! hunter」は、国内開発のため、日本語の処理や日本国内に特有の 迷惑メール事情に細かく対応でき、日本語の迷惑メールを高精度で遮断できる のが特徴。迷惑メールエンジンには、迷惑メール業者による対策が進んでいる ベイズ理論ではなく、最新のSVM(Support Vector Machine)を採用。また、 メールサーバーの上位にゲートウェイとして設置し、高いメール処理性能によ って迷惑メールを排除して適切なメールの流量を確保する機能などを備える。

 最新版では、「F-Secure アンチウイルス」とオプション連携することでウ イルス検査機能を提供できる。そのほか、ユーザーごとのフィルタON/OFF設 定機能、管理者向け/個人向け管理画面の刷新、トランスウエアのWebメール 製品「Active! mail 6.0 with Interactive Design」とのデザイン統合などを 行った。

 税別価格は、企業向けのスタンダードライセンスが50ユーザーで27万3000円 から、文教向けのアカデミックライセンスが50ユーザーで19万2000円から。 「F-Secureアンチウイルスオプション」は、スタンダードライセンスが50ユー ザー、初年度保守込みで12万3000円から、アカデミックライセンスが50ユーザー 、初年度保守込みで8万5500円から。対応OSは、Red Hat Enterprise Linux AS /ES 3.0/4.0。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]