サン、「Niagara 3」チップの設計に着手--さらなる性能アップを目指す

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年10月19日 12時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州メンローパーク発--Sun Microsystemsは、同社が意欲的に提供するローエンド向けプロセッサとして第3世代目となる「Niagara 3」の設計に着手した。

 Sunのサーバ部門のエグゼクティブバイスプレジデントJohn Fowler氏は、米国時間10月17日に当地で行われたインタビューにおいて、同プロセッサの開発を認め、今後も1つのチップにより多くのプロセッサコアを搭載できるよう取り組んでいくと述べた。同氏はまた、「SPARC」ファミリーに新たに加わることになるこのプロセッサは、45ナノメートルプロセスを用いて製造されることになると述べた。

 カリフォルニア州サンタクララに拠点を置くSunは、初代Niagara(今の「UltraSPARC T1」)チップを搭載したサーバをすでに販売開始しており、「Niagara 2」チップを搭載した初のシステムの販売を2007年後半に開始する予定だ。

 初代Niagaraが90ナノメートルプロセスを用いて製造されているのに対して、Niagara 2は65ナノメートルプロセスを用いて製造されることになる。65ナノメートルプロセスを用いることによって、同じ表面積により多くの回路を集積することができる。なお、1ナノメートルは10億分の1メートルに相当する。

 Niagaraプロセッサシリーズでは、1つのタスクを高速に処理することよりも、タスクを同時に実行できる数を増やすことで総合的なパフォーマンスを向上させることに重点が置かれている。Sunはこうした取り組みにより、同社が革新的であるという評判を取り戻し、サーバ市場での売り上げを回復することができると予想している。同社のSPARCチップはサーバ市場において、競合であるIntelやAdvanced Micro Devices(AMD)、IBMにそのシェアを奪われてきた。

 初代Niagaraには8個のプロセッサコアが搭載されており、それぞれのコアが4つの命令「スレッド」を同時に処理することができる。これに対してNiagara 2では、8個のプロセッサコアがそれぞれ8つのスレッドを処理できるので、命令スレッド数の合計が32〜64と、Niagaraの2倍にまで高められている。

 Fowler氏によれば、Niagara 3でもこの流れが引き継がれることになるという。同氏は、それによってSunが「スレッドとコア(の数)を増加させる」ことになると述べている。また同氏はSunが、より多くの回路を必要とするアウトオブオーダー実行といった複雑な技術を使わず、基本的な命令処理パイプラインを使い続けることになるとも述べている。

 Fowler氏によると、(Niagara 3は)現行のモデルと比較すればメモリバンド幅も増加することになるという。Niagaraは、メモリ待ちのスレッドが発生した段階で速やかに別のスレッドに処理を切り替えることで、メモリアクセスの遅延という問題を回避するよう設計されている。

 Fowler氏は、Niagara 3の投入時期についてはコメントを控えている。

 Niagaraプロセッサはまた、電力効率の向上にも重点を置いている。高額な電気代と、データセンターの発熱という問題は、顧客にとってますます大きなものとなってきているからである。

 Sunの最高経営責任者(CEO)であるJonathan Schwartz氏は、「大半のウェブ企業にとって2番目に大きな経費は電気代であり、これより大きな経費は社員の給料しかない」と述べるとともに、「電力効率を2%向上させた場合、もしも電気代が年間1億ドルだったとすれば、節約できる電気代はかなりの金額になる」と述べている。

John Fowler氏 提供:Stephen Shankland
報道陣に向けて仮想化技術について説明するJohn Fowler氏

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化