RSA、新手のフィッシング詐欺サイト作成ツールを確認

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年01月11日 15時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSA Securityのセキュリティ専門家が、巧妙なフィッシングサイトを自動作成するツールを確認した。サイバー犯罪が高度化していることの表れである。

 RSAで不正オークション担当プロダクトマーケティングマネージャーJens Hinrichsen氏は米国時間1月10日のインタビューで、このツールをRSAでは「Universal Man-in-the-Middle Phishing Kit」と呼んでおり、アンダーグラウンドで取引されるオンラインショップから1000ドル程度で購入できると説明した。

 Hinrichsen氏は「このツールは従来のフィッシングツールと異なり、非常に簡潔なユーザーインターフェースで偽装したいサイトを自由に選べる。競争は続いており、われわれセキュリティ側の陣営は、リソースの強化と技術への投資を続けなければならない」と述べた。

 フィッシング詐欺とはインターネットで横行している犯罪で、不正なウェブページとスパムメールを用いてユーザから信用情報やクレジットカード情報などの個人情報を引き出すのが一般的である。

 今回発見された新しいツールを利用すると、詐欺師は偽装するサイトや、偽装サイトの設置場所を指定したりするだけでよい。それだけで、PHPスクリプト言語による動的なウェブページが作成される。詐欺師は、侵入したウェブサーバや無料ウェブサーバを利用してこのページをインターネットに公開し、スパムメールやウェブページのリンクなどを使って被害者をサイトに誘導する。

 実在するオンラインバンクなど信用あるサイトに似せて静的なウェブページを作成する従来のウェブページとは異なり、このツールで作成した動的なウェブページは、偽装対象とするサイトの最新のページを取り込み、偽装サイトで表示する。Hinrichsen氏によると、偽装者はユーザーが入力した情報を傍受することができるという。

 同氏は「信用情報を入力すると、PHPファイルを設置したサーバに(情報を)傍受されてしまう」のだと説明する。その後、被害者は本来のサイトにログインするので、偽装サイトに気付かない可能性がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算