編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

シャープ、POSシステムと連動する電子棚札システムを発表

CNET Japan Staff

2007-01-23 22:10

 シャープは、専用コントローラからの無線通信により送信された価格や文字情報などを、値札(棚札)となる電子棚札に表示させて一元管理する「電子棚札システム」を1月25日より販売する。

 このシステムを利用することで、商品陳列の棚札を電子化し、POSシステムと連動した価格や関連情報を正確かつ迅速に表示させることができる。小型および大型の電子棚札と棚札コントローラ、電子棚札システムソフトウェアをセットで使用する。

 棚札には「メモリー性液晶」を搭載しており、通電しなくても表示内容が保持される仕組みだ。フルドットタイプで文字情報も表示が可能。棚札を取り換えることなく、商品入れ替え時の商品名変更が容易になる。また、双方向の電波通信方式を採用しており、表示内容の書き換え処理報告や電池切れなどが電子棚札から棚札コントローラに通知されるため、保守や管理も容易だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]