編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

MS、新ウェブメールサービスの名称に「Hotmail」の継続使用を決定

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-02-09 12:52

 Microsoftは、同社の無償ウェブメールサービスのブランド名として「Hotmail」を存続させることに決定した。同社はこれまでこの名称を取りやめようと何カ月も検討を重ねていた。

 Microsoftは米国時間2月8日、まだベータテスト段階の新サービスの名称を、当初予定していた「Windows Live Mail」ではなく、「Windows Live Hotmail」とすると述べた。同社シニアプロダクトマネージャーのRichard Sim氏はブログの中で、名称を変更すると紛らわしいと感じる人がいたと記述した。

 Sim氏は「われわれは新しいウェブメールサービスの最終版リリースに向けた準備段階に入り、2億6000万人以上の既存ユーザーがスムーズに混乱することなく新サービスへと移行できるようにすることが重要であることを認識している」と述べた。「『Windows Live Hotmail』という名称を採用することにより、新旧両方の素晴らしい点を組み合わせることができると信じている。Windows Liveが実現する素晴らしい新技術を提供しつつ、Hotmailを長く愛用する多くの既存ユーザーがもつ愛着心も保つことができる」(Sim氏)

 今回の決定は、新サービスを既存のHotmailユーザーに親しみやすいものにしようとする一連の取り組みでは最新のものである。

 Microsoftは当初、Hotmailではなく、同社のビジネスユーザー向けソフトウェアである「Outlook」に似た、まったく新しいインターフェースを採用することを計画してきた。同社は次に、削除するメッセージにしるしをつけるためのチェックボックスなど、Hotmailユーザーになじみの深いいくつかの機能を新サービスに追加し、また、見た目がさらに旧式のHotmailに似た、古くからある外観を追加した。

 新しいメールサービスへの移行は、1998年に買収したHotmailに対する、同社の最も大きな改革の一環である。Hotmailは古くからのユーザーには引き続き支持されているが、新しいウェブメールユーザーは、YahooやGoogleが提供する競合サービスを選択することが多い。

 Microsoftは当初、Windows Live Mailの最終版を2006年にリリースする予定であった。しかし現在のところ、2006年11月にサービスを開始したオランダ以外では、同サービスはまだベータテスト段階である。最新テスト版「M9」は今週に入りリリースされている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]