編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

バラクーダネットワークス、スパムをプロファイルする最新技術を発表

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-04-18 18:36

 スパム対策アプライアンスを提供するBarracuda Networksは米国時間4月17日、自社スパム対策アプライアンスが受信した電子メールをプロファイリングする「Predictive Sender Profiling」を発表した。これにより、スパムフィルタリングを強化し、送信者の評価に応じてフィルタリングできるようになる。Predictive Sender Profilingは、スパムメールに対抗する同社の最新技術である。Barracuda Networksの製品管理担当バイスプレジデントであるStephen Pao氏によると、単に送信者の過去の行動を基にしたデータベースの評価を参考にするより、メールを受信する度にメッセージと送信者をプロファイルする方が、電子メールフィルタリングはより効果的になると説明する。

 Pao氏によると、例えば、Barracuda Networksのアプライアンスは、ウェブブラウザのように電子メール内にあるリンクをたどり、メッセージを通過させる前にそのウェブサイトの性質を決定するという。また、送信者があまりにも大量のメッセージを、存在しない電子メールアドレスに送ろうとしている場合、電子メールの接続は拒否されるという。Predictive Sender Profilingは、同社の既存顧客を対象に、ソフトウェアアップグレードを通じて無償で提供される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]