編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

NTTなど、1017ビットの合成数に対する素因数分解を達成--暗号鍵の安全性を検証

CNET Japan Staff

2007-05-22 14:09

 NTTは5月21日、ドイツのボン大学およびスイスのスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)と共同研究した、大きな数の素因数分解実験において、世界で初めて1000ビットを超える特殊な型の合成数に対して、特殊数体篩(ふるい)法による素因数分解を達成したと発表した。

 特殊数体篩法でのこれまでの世界記録は911ビット。今回は、「(2^1039-1)/5080711」という特殊な型をした合成数(分解対象は1017ビット)に対する素因数分解を行った。一般の合成数を対象とした一般数体篩(ふるい)法でも約700ビットの難しさに相当するという。

 計算は、NTT研究所及びEPFLに設置されたそれぞれ110台と36台からなるPCクラスタを並列稼働させ、2カ月強で約7000万×約7000万といった巨大疎行列からなる連立方程式の非自明解を47個得た。

 大きな数の素因数分解は、RSA暗号の安全性を把握する手段として世界的にチャレンジが展開されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]