編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立、Linuxベースの外為輸出入業務処理システムを構築--三菱東京UFJ銀行に提供

ニューズフロント

2007-05-25 15:00

 日立製作所は5月25日、三菱東京UFJ銀行の外国為替向け輸出入業務処理システム「外為分散システム(Trilogy)」を構築したと発表した。

 同システムは、それまでホストコンピュータ上で稼働していた外国為替の輸出入業務用センター系システムを、Linuxベースのオープンプラットフォームに移植し、コンポーネント型の分散系システムとして再構築したもの。その際、日立は金融業務向けソリューション「NEXTCAP」を使用した。

 新システムを構築したことで、事務処理システムの集中化、ワークフロー適用、ペーパレス化、Javaアプリケーション導入などが実現し、業務プロセスの効率化を推進できるという。

 外為分散システム(Trilogy)の構築は2005年4月に着手し、2007年2月に本システムの試行、4月20日に主要営業拠点での本格運用を開始した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]