編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

リンスパイア、「Freespire 2.0」をリリース

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-08-09 16:05

 Linspireは米国時間8月8日、同社最新の無償版デスクトップLinux OS「Freespire 2.0」のリリースを発表した。

 しかし、予想外の問題が1つある。このバージョンには、ほかのベンダー各社のプロプライエタリなソフトウェア、ドライバ、およびコーデックが追加される可能性があるのだ。

 つまり、朝のコーヒーにダイエット用甘味料を使っていたら、実は味を調えるために少量の砂糖が混入されていたことを知ってしまったようなものだ。

 Linspireはベースに「Ubuntu 7.04」を採用し、6種類のカテゴリーに属するソフトウェアを提供しているが、その中にプロプライエタリなソフトウェアも入ってくる。

 Linspireの最高経営責任者(CEO)、Larry Kettler氏は声明のなかで、「Freespire 2.0は、プロプライエタリなソフトウェア、ドライバ、およびコーデックを追加することでUbuntuを引き継ぎ、主流デスクトップコンピューティング向けの、より完全なターンキーソリューションを目指す」と述べた。

 さらに、Freespire 2.0にはまもなく登場する「CNR Service」に対応した「Click-n-Run」(CNR)プラグインも搭載されている。CNR Serviceは、クリック1つで数千種類のオープンソースアプリケーションを利用できるようにするサービスである。

 また、CNR Serviceにより、正規ライセンスされたDVD再生ソフトウェア、Sun MicrosystemsのStarOffice、Parallels Workstation、Win4Lin、CodeWeaverのCrossover Office、TransGamingのCedega、商用ゲームなどにアクセスできるようになる。

 また、Freespire2.0には、MacおよびWindowsユーザー向けにインターフェースの改良を目的としたKDEも含まれる。追加可能なプロプラエタリなソフトとしては、Java、Flash、Acrobatがある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]