インテル、2008年にバスアーキテクチャを改新へ

文:Michael Kanellos(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年08月29日 11時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、2008〜2009年に同社のチップの接続方法を改新する。これにより、同社のチップの動作方法は大きく変更することになる。

 カリフォルニア州サンタクララを拠点とする同社は、高速なチップ接続手段である「Common System Interface(CSI)」へと移行する予定である。Real World TechnologiesのDavid Kanter氏は、その詳細について同サイトで語っている

 IntelがCSIに関する最初の論文を発表したのは2004年で、それ以降数年をかけて細部に変更を加えながら、少しずつその詳細を明らかにしてきた(「Common System Interconnect」と呼ばれていたこともあった)。Kanter氏は同技術の概要についてかなり詳しく説明している。

 プロセッサはCSIを介して互いに通信することになる。また、これらのコンピュータ内のメモリも分散することが可能であるため、プロセッサからメモリへの通信にもCSIが利用されることになる。現在のIntelプロセッサでは、もう何年も前からこの通信にはフロントサイドバスと呼ばれるチャネルが利用されている。

 チップ間接続は、チップの世界の動作が集約された場所である。プロセッサの性能が毎年着実に向上するのに対し、チップ間接続の性能はそれほどの速度では向上せず、その結果遅延が生じる。ここ数年で、Tileraなど数社の新興企業がこの問題を解決しようと現れている。

 優れたチップ間接続を実現することができれば、優位に立つことができる。Intelの主要幹部の1人であるPat Gelsinger氏は、バス速度を著しく向上させる方法を考案したチームを率いた実績から、かなりの出世を遂げた。

 2003年にAdvance Micro Devices(AMD)の「Opteron」や「Athlon」チップが発表された際には、64ビットでデータを処理できることがチップの最大の利点であると考える者もいた。

 しかし実際には、最大の利点は、高集積メモリコントローラと、高速チップ間接続である「HyperTransport(HT)」であった。現在AMDの社長を務めるDirk Meyer氏は当時、性能はメモリコントローラにより約5%、HTにより10%向上したと述べていた(実際、Athlonを購入したほとんどの企業が、64ビットソフトウェアを全く使用しなかった)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化