編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

MSの海賊版ソフト対策サーバでトラブル、正規版ユーザーを誤認識

文:Colin Barker ZDNet UK(CNET News.com) 翻訳校正:藤原聡美、福岡洋一

2007-08-29 19:44

 米国時間8月24日から25日にかけて、Microsoftの「Windows Genuine Advantage」(WGA)サーバに問題が発生し、「Windows XP」「Windows Vista」の正規ユーザーが海賊版ソフトウェアのユーザーと誤認識されてしまった。

 この期間、WGAサーバで深刻なトラブルが起こり、ユーザーは、利用している正規のMicrosoft製ソフトウェアの確認ができなくなった。

 WGAは、Windows XPやWindows VistaなどのOSが正真正銘の製品版であることを確かめるためにMicrosoftが採り入れているメカニズムだ。WGAの承認がなければ、ユーザーはOSの機能の多くを使えなくなる。

 問題が発生したのは8月第4週の週末だった。Microsoft製品の正規ユーザーは、自分たちが使っているソフトウェアが認証されなかったり、機能の一部が使用不能になっていたりすることに気づいた。WGAがそれらを海賊版と誤認識したためだ。InformationWeek誌が伝えたところによると、このトラブルの影響を受けたユーザーは1万2000人ほどだという。閉め出されたユーザーは、インターネットのフォーラムで不満をぶちまけた。

 混乱は長くは続かなかった。トラブルが起きたのが24日夕方で、25日の早朝には解決していた、とMicrosoftのWGA担当上級製品マネージャーであるAlex Kochis氏はブログに書き込んでいる。Kochis氏は、Windows Vistaの認証に問題があり、「正規のシステムを正しく認識できなかった」ことを原因に挙げた。

 「現在では問題は解決し、確認プロセスは正常に行われているようだ」と、Kochis氏は言う。

 WGAが議論の的になったことは過去にもあった。2006年には、WGAが検証ツールを実行し、インストールされたMicrosoftソフトウェアが本物かどうかをチェックすることについて、ユーザーの批判が集中した。Microsoftが、セキュリティ関係のバグ修正と一緒に、WGAアップデートを「最優先」として推し進めていることを懸念する声も大きかった。WGAがユーザーに内緒でPCから情報を集めていることについての不満も出た。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]