FTC、インテルとSTマイクロの提携に追加資料の提出要請

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年08月31日 10時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 STMicroelectronicsとプライベートエクイティ会社のFrancisco Partnersと共同でチップ製造会社を設立するIntelの計画について、連邦通商委員会(FTC)関係者らはさらに詳細に調査を進めていくという。Intelが米国時間8月30日に明らかにした。

 FTCは、この提携に対する独占禁止法違反の可能性を調査するため、「二次要請」とも呼ばれる追加情報を求めている。

 5月に発表されたこの提携では、これら3社が独立したフラッシュメモリ製造会社をスイスに設立する計画である。このチップは、携帯電話からデジタルカメラやコンピュータまで、消費者向けと商用の両デバイスに採用される予定。

 元FTC担当官で独占禁止法に詳しい弁護士によると、二次要請はあまり一般的ではなく、この提携に政府が深刻な懸念を示している証拠だと指摘した。

 法律事務所Drinker Biddleの独占禁止法担当弁護士で、元規制当局の担当官であるHoward Morse氏は、「政府は、提携が大規模だというだけで簡単に二次要請を出さない。一般的に、政府が二次要請を出すのは政府に届け出のあった全提携の5%未満だ。そして、政府は二次要請を出したところの約半分に何らかの対応を行う」と語っている。

 この提携は、3週間前に欧州委員会の独占禁止法担当局が認可している。

 この提携はIntelのNOR型フラッシュメモリの資産とスイスを拠点とするSTMicroelectronicsの同メモリの資産を統合し、NOR型メモリ業界の再編につながるだろう。これで業界は大手ベンダーの数が4社から3社へと減ることになる。ほかに残るのは、サムスン電子と、富士通とAdvanced Micro Devices(AMD)によるジョイントベンチャーの2社だ。

 NOR型フラッシュメモリは従来、その高速な読み出し速度を生かして携帯電話業界で採用されてきたが、NAND型フラッシュメモリに形成を逆転されてきた。その結果、NOR型メモリは成長の遅い業界だと見なされるようになってきている。

 Intelは2007年後半に提携を完了する見通しだったが、遅れる可能性もある。FTCが提出された追加情報を検討し、Intelが二次要請に十分応えているとの決定を出せば、Intelはさらに30日待ってから契約を締結することになる、とIntelは言及した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化