編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

WebEx、リモートアクセスサービスPCNowのiPhone版を発表

文:David Meyer(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-09-03 13:15

 オンライン会議用ソフトウェア大手のWebExが、リモートアクセスサービス「PCNow」のiPhone対応版を発表した。

 この新版PCNowは、NetSuiteのiPhone向けSaaS(サービスとしてのソフトウェア)アプリケーションと同様に、iPhoneに搭載されているSafariブラウザを通じて利用する。ユーザーのデスクトップPC上のファイルや、Microsoft Outlookの企業メール、アポイントメント、連絡先へのアクセスも可能だ。

 またPCNowでは、SkypeOutなど、SkypeのすべてのVoIP機能の利用が可能だ。最近、ネットワーキング大手のCiscoに買収されたWebExによると、米国のiPhoneユーザーは、直ちに30日間の無料試用に申し込めるが、英国では2007年内にiPhoneが発売され次第、同アプリの利用が可能になるという。

 WebExは、同社のMediaToneネットワークを利用すれば、iPhone上でも企業情報の安全を確保できるとしきりに訴えている。元々、消費者向けの端末であるiPhoneのセキュリティに対し、多くのアナリストが大きな懸念を抱いている。6月には調査会社Gartnerのアナリストらが企業に対し、iPhoneを利用しないよう警告した。彼らはさまざまな根拠を挙げたが、その中にはセキュリティに関する懸念だけでなく、モバイルビジネスメールプロバイダーのサポートがない点も含まれていた。ただ、その状況は急速に変化しているようだ。

 もっとも、7月にあるセキュリティ研究者のチームが、iPhone、特にSafariブラウザのハッキングに成功したと発表している。Safariは、今回WebExが発表したPCNowなど、多くのアプリケーションに利用されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]