編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

WebEx、リモートアクセスサービスPCNowのiPhone版を発表

文:David Meyer(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-09-03 13:15

 オンライン会議用ソフトウェア大手のWebExが、リモートアクセスサービス「PCNow」のiPhone対応版を発表した。

 この新版PCNowは、NetSuiteのiPhone向けSaaS(サービスとしてのソフトウェア)アプリケーションと同様に、iPhoneに搭載されているSafariブラウザを通じて利用する。ユーザーのデスクトップPC上のファイルや、Microsoft Outlookの企業メール、アポイントメント、連絡先へのアクセスも可能だ。

 またPCNowでは、SkypeOutなど、SkypeのすべてのVoIP機能の利用が可能だ。最近、ネットワーキング大手のCiscoに買収されたWebExによると、米国のiPhoneユーザーは、直ちに30日間の無料試用に申し込めるが、英国では2007年内にiPhoneが発売され次第、同アプリの利用が可能になるという。

 WebExは、同社のMediaToneネットワークを利用すれば、iPhone上でも企業情報の安全を確保できるとしきりに訴えている。元々、消費者向けの端末であるiPhoneのセキュリティに対し、多くのアナリストが大きな懸念を抱いている。6月には調査会社Gartnerのアナリストらが企業に対し、iPhoneを利用しないよう警告した。彼らはさまざまな根拠を挙げたが、その中にはセキュリティに関する懸念だけでなく、モバイルビジネスメールプロバイダーのサポートがない点も含まれていた。ただ、その状況は急速に変化しているようだ。

 もっとも、7月にあるセキュリティ研究者のチームが、iPhone、特にSafariブラウザのハッキングに成功したと発表している。Safariは、今回WebExが発表したPCNowなど、多くのアプリケーションに利用されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]