三菱総研DCS、ウェブアプリとデータベース対応のセキュリティ製品を発売

吉澤亨史

2007-09-13 17:31

 三菱総研DCSは9月13日、米Impervaのデータセキュリティアプライアンス製品「SecureSphere」を販売すると発表した。

 SecureSphereは、ウェブアプリケーションとデータベースへの攻撃や不正なアクセスを監視、防御し、さらに監査する統合的なデータセキュリティアプライアンアス製品。ネットワークやアプリケーション、データベースサーバーに変更を加えることなく設置できる。

 また、アプリケーションの変更に自動的に適応してポリシーの再設定作業を省くため運用が容易で、HTTP検査技術とSQL分析技術によりアプリケーションユーザーの特定を可能とする。三菱総研DCSでは、初年度15サイトへの導入を販売目標としている。

 同製品には、ウェブアプリケーションサーバーへの攻撃を防御するファイアウォール「WAF」、データベースサーバーへの不正なSQLを監視・防御するデータベースセキュリティゲートウェイ「DSG」、アプリケーションサーバーへのHTTPリクエストとデータベースへサーバーへのSQLを検査、照合し、ユーザを特定する監査製品データベースモニタリングゲートウェイ「DMG」のラインアップがある。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]