編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ddコマンドによるバックアップについて

OKWave

2007-09-26 13:00

ddコマンドによるバックアップについて

Solarisの質問です。現在、18Gのディスクで稼動中のマシンのバックアップを行いたいのですが、ddコマンドを使用する予定です。

しかし、バックアップ先のディスク容量は36Gで、formatコマンドでそれぞれを比較すると、下記のようになっております。ddを試したところ、coreを吐いてしまいます。下記の値をそろえることはできますか?

===========================
Volume name = < >
ascii name = 
pcyl = 24622
ncyl = 24620
acyl = 2
nhead = 27
nsect = 107
===========================
Volume name = < >
ascii name = 
pcyl = 7508
ncyl = 7506
acyl = 2
nhead = 19
nsect = 248
===========================

良回答

すでに解決していますか?
formatコマンドからtypeを選んで下さい。
そこで18Gの設定を入れてlabelすればOKです。
しかし稼動中のコピーは問題あると思われますが…

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]