編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「Ruby」に新バージョン登場:MitM攻撃を許す問題に対処

荒浪一城

2007-10-04 17:36

 10月4日、プログラミング言語「Ruby 1.8.5-p114」と、「Ruby 1.8.6-p111」がリリースされた。

 Rubyは作者まつもとゆきひろ氏によるオブジェクト指向スクリプト言語。今回のリリースは、Rubyに標準で添付されているnet/httpsライブラリ(net/https.rb)において、このライブラリを使用してhttpsプロトコルを発行した場合、中間者によるなりすまし(Man-in-the-Middle)攻撃を検出できないというセキュリティ上の問題に対処したもの。

 Rubyを利用しているユーザは早期にアップデートされたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]