EMCジャパン、全社の情報共有基盤でリアルコムのKnowledgeMarketを全社導入

田中好伸(編集部)

2007-10-10 17:45

 リアルコムは10月10日、EMCジャパンがリアルコムの情報共有基盤「Realcom KnowledgeMarket」を全社導入しことを発表した。EMCジャパンでは、KnowledgeMarketで情報へのアクセス性が向上し、業務の効率化・生産性向上が期待できるとして、全社導入に踏み切った。

 EMCジャパンは、今回のKnowledgeMarketの全社展開に対して、(1)全社の情報基盤として利用され、効率的な情報共有を実現する、(2)仕事ぶりを通じて社員個人の専門性を顕在化する、(3)組織の壁を超えた相互コミュニケーションを実現する――という3つの狙いを掲げている。

 具体的には、全社の情報共有はKnowledgeMarket上で行うことを明文化し、全社と部門ごとのポータルサイトへ既存システムの情報を移行・集約。今後は業務情報のやり取りにKnowledgeMarketを利用することで、社員同士がやり取りして、双方向性のある情報共有が可能になるという。

 また、既存システムとのリンクを設けることで散在する情報にアクセスしやすくなるという。各ポータルでは、担当分野ごとのカテゴリーを設けて情報共有を推進していくことで、「誰が何に詳しいのか」というKnow-Whoを構築し、社員同士の自発的なやり取りを促進して、個人が持っている知識・ノウハウを組織全体で共有できる環境を整えたことになる。

 KnowledgeMarketは、プレゼンス情報と連携する企業内電話帳、ブログ、コンテンツ管理、ブログ、マッシュアップポータルなどの機能を搭載している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]