アップル、iPhone向けSDKを2008年2月に公開へ--ジョブズCEOが公開書簡

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年10月18日 11時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE サードパーティーによるiPhone向けのネイティブアプリケーションの開発が可能になることを、Steve Jobs氏が米国時間10月17日に正式に発表した。

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏はAppleサイトのHot Newsセクションに公開書簡を掲載し、iPhone向けのソフトウェア開発キット(SDK)が2008年にリリースされるという報道が正しいことを認めた。ただし一部の報道では1月とされていたが、SDKの公開は2月になる。とはいえ、この1カ月は開発者やiPhone所有者にとっては待つ甲斐がありそうだ。

 「われわれは、iPhoneにかかわるサードパーティーの開発コミュニティをつくり、ユーザー向けの新しいアプリケーションの開発を可能にすることを楽しみにしている。SDKのリリースが2月になるのは、正反対の2つのことを同時にやろうとしているからだ。この2つとは、高度かつオープンなプラットフォームを開発者に提供すること、そして同時にiPhoneユーザーをウイルス、マルウェア、個人情報の盗難などから守ることだ」とJobs氏は声明で述べている。

 Appleにとってハッカーとの戦いを制圧することは非常に難しいことである。その一方で、ユーザーからは「iPhone」や「iPod touch」でサードパーティーアプリケーションを利用したいという声が上がっていた(Appleは声明で、SDKによりiPod touchのアプリケーションも作成可能になることを認めている)。Appleがこの2つの道を模索することは理解できる。筆者は、iPhoneが開発者に開かれたものになるには、もっと時間がかかると考えていた。Appleはきっと、新しいMac OS Xが安定していることに安心してこのたびの行動に出たのだろう。AppleはiPhoneのOSについて、コア部分こそMac OS Xをベースにしているものの、実質的にはMac OSのDNAを利用しながらiPhone向けにまったく新しいものを作り直したと、従来より述べてきた。

 Jobs氏は、Nokiaが開発者向けに展開する取り組みに似た手法を、最初のiPhone用SDKで採り入れることを示唆している。NokiaはJavaとSymbianベースの端末を対象に、アプリケーションを作成する開発者コミュニティを持っている。Jobs氏は、Nokiaでは、特定のテストを通過したことを意味するデジタル署名が施されていることが、サードパーティーアプリケーションをロードする条件となっていることに触れ、スマートフォンのセキュリティに対する懸念が高まっている状況下では有意義な取り組みだと述べている。

 Jobs氏は「端末が『完全にオープン』とは言いがたい状況になるが、正しい方向に向かうための第一歩だと思う」とつづり、誰でもSDKを利用してiPhone向けの信頼あるアプリケーションを作成できるようになることをほのめかしている。

 オープン性とセキュリティのバランスをAppleがどう扱うか、答えを知るにはもうしばらく待つ必要がある。いずれにしても、Appleがサードパーティー製品をウェブアプリケーションに限定せず、iPhoneの安全を確保するための選択肢が他にもあることを認めたのは喜ばしいことである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化