編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

ウィルコム、国立病院機構の次期総合情報ネットワークの基幹システムを受注

松田真理(マイカ)

2007-10-19 08:23

 ウィルコムは10月18日、国立病院機構の総合情報ネットワークシステム「HOSPnet(ホスプネット)」の基幹ネットワークシステムを受注したと発表した。11月中に既存システムを「HOSPnet」へ切り替える。

 従来のワイヤレスによるソリューション提供以外に、国立病院機構の全国176カ所(国立高度専門医療センターおよび国立ハンセン病療養所など30カ所を含む)の医療機関を接続する大容量の専用有線ネットワークを含めた基幹システムが導入される。

 今回の基幹ネットワークシステムをベースとし、国立病院機構の医療機関などのワイヤレス化を支援。医療機関内の固定電話と同社のPHS間の通話定額化を実現する全国モバイル内線サービス「W-VPN」を提案する。

 また、ウィルコムが技術開発、事業化に向けて取り組んでいる次世代PHSに対応したソリューションの提案も検討し、医療サービスのさらなる向上を支援していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]