編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ウィルコム、国立病院機構の次期総合情報ネットワークの基幹システムを受注

松田真理(マイカ)

2007-10-19 08:23

 ウィルコムは10月18日、国立病院機構の総合情報ネットワークシステム「HOSPnet(ホスプネット)」の基幹ネットワークシステムを受注したと発表した。11月中に既存システムを「HOSPnet」へ切り替える。

 従来のワイヤレスによるソリューション提供以外に、国立病院機構の全国176カ所(国立高度専門医療センターおよび国立ハンセン病療養所など30カ所を含む)の医療機関を接続する大容量の専用有線ネットワークを含めた基幹システムが導入される。

 今回の基幹ネットワークシステムをベースとし、国立病院機構の医療機関などのワイヤレス化を支援。医療機関内の固定電話と同社のPHS間の通話定額化を実現する全国モバイル内線サービス「W-VPN」を提案する。

 また、ウィルコムが技術開発、事業化に向けて取り組んでいる次世代PHSに対応したソリューションの提案も検討し、医療サービスのさらなる向上を支援していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]