編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ブート時に認識したCPUのL1キャッシュの容量を表示する

OSSメッセージペディア

2007-10-31 15:00

CPU: L1 I cache: I-cache sizeK, L1 D cache: D-cache sizeK

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

ブート時に認識したCPUのL1キャッシュの容量を表示する。このメッセージによってCPUに搭載されたトレース命令実行キャッシュとデータキャッシュの容量を確認できる。

このメッセージはPentium4以前のIntel CPUで出力する。Pentium4、あるいはIntel以外のIntel x86互換CPUの場合は、このメッセージの代わりに以下のメッセージを出力する。

CPU: Trace cache: Trace-cache sizeK uops, L1 D cache: D-cache sizeK

または

CPU: L1 I Cache: I-cache sizeK (I-cache cache-line size bytes/line), D cache D-cache sizeK (D-cache cache-line size bytes/line)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウド基盤

    あまり知られていない“クラウド導入の現情”─業界人が本音で語る!

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ施策の鍵を握る制御システム(OT)とITの統合、そのポイントと対策を解説

  3. 運用管理

    ダッシュボードは時代遅れ、最新クラウド分析で誰にでもパーソナライズされたインサイトを提供する方法

  4. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  5. 経営

    いまさら聞けないクラウドインフラの基本ー初級技術書の定番 IaaS for dummies公開中

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]