編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

BIGLOBE、インターネット関連分野におけるベンチャー支援ファンドを設立

荒浪一城

2007-11-01 14:40

 NECビッグローブは11月1日、コーポレート・ベンチャーキャピタルファンド「BIGLOBEファンド」の設立を発表した。インターネット関連分野におけるベンチャー企業の支援を目的として設立され、資金提供だけでなく、同社が強みを持つネットビジネスのノウハウや、サービスプラットフォームの活用などで支援し、双方の事業拡大につなげたい考えだ。

 BIGLOBEファンドは、ファンド総額が30億円、期間を7年間と定めている。次世代ネット関連事業を展開する企業や、インターネット分野で先端的な取り組みを行なっている企業を対象に、7年間で40社程度に投資していく予定だ。ファンドの出資者には、NECビッグローブ、BIGLOBEキャピタル、エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズが名を連ね、運用はNECビッグローブが100%出資するBIGLOBEキャピタルが担う。

 BIGLOBEはこれまでも「NGN関連サービス領域」「先端技術、システム開発領域」などにおいて継続的な投資を行ってきたが、ファンドの設立により、ベンチャー企業への支援とアライアンスを通じて、よりスピード感を持って新規事業創出を図っていくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]