編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ipfの設定

OKWave

2007-11-02 16:00

ipfの設定

こんにちは。
結構前からFreeBSDのipf(IPfilter)の設定で困っています。

カーネル再構築をして原則拒否の形をとっているのですが、原則拒否なので自分でipfの許可ルールを作って許可を与えない限り通信はできない事は知っています。
httpやpop3の許可の与え方は知っているのですが、cvsupを使ったアップグレード(ports-supfileやstable-supfile)の許可の仕方がどうしてもわかりません。

これを許可しないとアップグレードができないので、もし許可の仕方がわかる方がいましたら教えてください。宜しくお願いします。

回答

#1です。
ipfはあまり詳しくないので、具体的なアドバイスは出来ませんが、、、。

自分がクライアントの場合、外のCVSupサーバにアクセスするために
外(CVSupサーバ)の5999番TCPポートへの接続要求と、
それ以降のセッション通信パケットが、通過出来るようにすることが
必要です。
「お礼」に書かれているルールは、逆(自分がCVSupサーバである場合)の
ものだと思います。

#1で書いた回答を補足すると以下のようになります。
件のマシンからWebページが見れますか?
(「fetch -o - http://okwave.jp/」を実行してページソースが表示されますか?)
出来るのであれば、外(Webサーバ)への80番TCPポートへの接続要求と
それ以降のセッション通信パケットが、通過出来るようになっている
という事なので、そのルールをCVSup(5999番)ポート用に応用すれば良いと
思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]