編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Leopard対応のプロジェクト管理ツール「OmniPlan 1.5 beta 2」リリース

原井彰弘

2007-11-09 12:59

 The Omni Groupは11月7日、プロジェクト管理ツール「OmniPlan」の新バージョン「OmniPlan 1.5 beta 2」をリリースした。OmniPlan本体の価格は149.95ドル。

 OmniPlanはガントチャートを主としたプロジェクト管理ツール。スケジュールやタスク、マイルストーン、クリティカルパスの管理を行うことなどができる。また、ユーザインタフェースにも力を入れて開発されており、直感的な操作が可能だとしている。Mac OS X 10.4.8以降のOSにのみ対応している。

 現在開発中のOmniPlan 1.5では、ガントチャートのスケールに関する機能が向上しているほか、タスクのフィルタリング機能も強化された。そのほかにも、多数の機能が改善されている。また、Mac OS X 10.5(Leopard)にも対応している。

 なお、今回リリースされたベータ版では、すでに新機能の追加がほぼ完了しており、日付間の移動がより簡単になった以外には機能の追加はあまりない。一方で、バグの修正は多数行われている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]