編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBM、「Symphony」スイートをアップデート

文:Elsa Wenzel(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-11-14 09:57

 IBMは米国時間11月13日、無償の生産性スイート「Lotus Symphony」をアップデートした。ただし、ベータ版のままである。

 同スイートのデスクトップアプリケーション「Documents」「Spreadsheets」「Presentations」は、Microsoftの「Word」「Excel」「PowerPoint」の競合製品となる。新しいSymphonyでは、およそ2カ月前に登場した旧版に比べて、処理速度が向上していると思われる。

 Symphonyは、「Microsoft Office」の低コストまたは無償の代替製品の1つと考えられている。「ThinkFree」「Zoho」「Google Docs & Spreadsheets」と異なり、Symphonyには、オンラインコンポーネントがない。

 Symphonyは、より近い競合製品であるSunの「StarOffice」同様に、WindowsやLinuxコンピュータ上で稼働し、Microsoft Officeフォーマット、ODF、PDFとして文書を保存できる。ただし、Symphonyはデータベースアプリケーションや電子メールクライアントを含まない。

 IBMによれば、同ソフトウェアを今日までにダウンロードした人数は、25万人になるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]