編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

HP、ブレードシステムを東京で生産開始--注文に応じた仕様変更も可能に

CNET Japan Staff

2007-12-11 22:05

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は12月11日、ブレードシステム「HP BladeSystem c-Class」を東京の昭島工場で生産開始すると発表した。これに伴い、同ファミリの一部のブレード型サーバを、同社のオンライン販売サイト「HP Directplusオンラインストア」や「HP Directplusコールセンター」などでも販売するとともに、注文に応じた仕様で生産するフルカスタマイズCTOに対応させる。

 日本HPでは、すでにPCやワークステーション、x86サーバを昭島工場にて生産し、「MADE IN TOKYO」のシールを貼付して出荷している。今回、日本HPからの直販、またはDirectpartner経由で販売する日本国内向けの「HP BladeSystem c-Class」製品も、昭島工場で生産することになる。

 東京生産することのメリットについて日本HPでは、「製品完成後の輸送距離を短くすることで、輸送に起因する故障発生リスクの抑制や、正確で迅速な納品が実現する」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]