編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

日本HP、ブレード型ストレージを発表--ブレード販売拡大のための施策も

藤本京子(編集部)

2006-11-21 16:45

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は11月20日、最大容量876Gバイトのブレード型ストレージ製品「HP StorageWorks SB40c」と、AMD Opteron 8000シリーズ搭載のブレードサーバ「HP ProLiant BL685c」、インテルのクアッドコアXeonプロセッサ搭載の「HP ProLiant BL480c」および「HP ProLiant BL460c」を発表した。

 HP StorageWorks SB40cは、同社の第3世代ブレードHP BladeSystem c-Class専用のブレード型ストレージとなる。ブレード型ストレージは、小型なのはもちろん、増設や移設などにおける管理負担を軽減する。また、従来ブレードシステムで大容量データを使用する場合、SAN接続の外付けストレージ装置が必要だったが、このブレード型ストレージでは外付けストレージは必要ない。

 Opteron搭載のProLiant BL685cは、最大4つのデュアルコアプロセッサが搭載可能。一方、ProLiant BL480c/BL460cは、インテルが15日に発表したクアッドコアプロセッサを搭載している。

 HPでは同時に、ブレードビジネスをさらに成長させるための施策を発表した。まず、11月よりブレードシステム専門の営業部隊の人員を倍増し、「ブレードビジネス推進部」として再編成した。また、ブレードシステムの検証施設「BladeSystem Demo Center」と「Blade Solution Center」の移転に伴い、設備をリニューアルした。

 さらに、同社のブレードシステムを販売するパートナー企業13社からなる「HP BladeSystem Focus Partner」を対象に、BladeSystem c-Classの販売を支援・促進するための「c-Class ロケットスタートプログラム」を提供する。ロケットスタートプログラムには、特別価格で検証機材を提供することや、無償トレーニング、BladeSystem c-Class関連の最新情報を優先的に提供することなどが含まれる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]