編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ブレードサーバの出荷台数、2006年度に5万台を突破する見込み--矢野経済研究所調べ

CNET Japan Staff

2006-10-03 17:48

 矢野経済研究所は10月2日、国内におけるオープン系サーバ市場の実態を調査・分析した調査レポートを発表。x86サーバ、IA64サーバ、RISCサーバについて、2004年度から2010年度までの市場動向の分析・予測を行った。

 同調査によると、x86サーバの2005年度出荷実績は、台数ベースで前年度比16.1%増の53万4886台、金額ベースで前年度比11.8%増の3271億5000万円。2004年度から2010年度のCAGR(年平均成長率)は出荷台数で13.4%、出荷金額で9.6%と予測される。2005年度のサーバ出荷台数シェアは、NECが23%でトップを維持し、デルが続いている。

 成長を続けるx86サーバのなかで特に伸びているのが、ブレードサーバであり、2005年度では出荷台数が3万3130台、2006年度では5万台を突破する見込みとしている。

 IA64サーバの2005年度出荷実績は、台数ベースで前年度比39.2%増の4221台、金額ベースで前年度比59.4%増の414億5000万円。ベンダー別シェアは、日本HPが78.2%で飛び抜けた首位。2位にNEC、3位に日立が続いている。2005年に出荷を開始し、ハイエンド領域でシェアを伸ばしている富士通が4位。

 RISCサーバの2005年度出荷実績は、台数ベースで前年度比8.1%減の3万9100台、金額ベースで前年度比17%減の1343億円。IA64サーバやローエンド領域でのx86サーバへの移行があるため、減少する傾向にある。ベンダシェアでは、サン・マイクロシステムズが56.3%で、以下、富士通、IBM、日本HPが続く。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]