日本HP vs.富士通の新ブレードサーバ、新型冷却ファンや10G対応で勝負

藤本京子(編集部) 2006年06月15日 19時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(HP)と富士通は6月15日、ブレードサーバの新製品をそれぞれ発表した。HPは「HP BladeSystem c-Class」を8月上旬より、富士通は「PRIMERGY BX620 S3」を7月下旬より出荷する。

 HPは、今回発表したブレード製品を第3世代のブレードと位置づけている。日本HP 取締役副社長の石積尚幸氏によると、第1世代のブレードサーバは単純に高密度サーバという役割だったのが、第2世代でサーバを集約する役目を担い、第3世代では「サーバのみならずストレージやネットワークも含めたシステム全体を集約することが可能になった」と説明する。

HP 新型ブレードを披露する日本HPの石積氏(左)と上原氏(右)

 システム統合を可能とした技術のひとつが、「HP バーチャルコネクトテクノロジ」だ。この技術は、I/Oポートの仮想化により、ブレードサーバの移動や増設時にネットワーク側のMACアドレスなどを変更する必要がなくなるというものだ。これにより、ネットワーク管理者の手まで煩わせていたサーバのシステム変更がサーバ管理者だけで実行でき、約30秒程度で完了するという。

 「サーバは、ハードそのものより運用管理にコストがかかる。その負担をできるだけ軽減させたのがc-Classだ」と、日本HP エンタープライズ ストレージ・サーバ統括本部 インダストリースタンダードサーバ製品本部 本部長の上原宏氏。同氏は、こうした技術を搭載した新世代ブレードを「Blade 3.0」と呼んだ。

 また、新製品には2年かけて独自開発した冷却ファンも搭載した。現在20個の特許を出願中という新型のファンは、1台のファンで4台の1Uラックが冷却可能だ。同一冷却性能のファンと比べ「寿命は約4倍で、消費電力は66%軽減、騒音も50%カットした」(日本HP ブレードバリュープロダクトマーケティング部 山中伸吾氏)という。また、1エンクロージャ内に最大10個のファンが搭載できるため、各ゾーンごとに必要に応じて冷却できる。さらに、ブレードシステム全体の大きさは、部品の大きさよりも冷却能力によって小型化が可能なため、現行モデルの「HP BladeSystem p-Class」と比べ、新型ファンを採用したc-Classは約30%スリムになった。

富士通 「ブレードはシステム基盤の一部」と説明する富士通の山中氏。なお、富士通はクールビズ実施中のため山中氏もノーネクタイで登場した

 一方の富士通は、ブレードサーバを中核とするハードウェア、ミドルウェア、サービスを統合したIT基盤「TRIOLE BladeServer」の一環としての新製品発表だ。「単にハードを売るのではなく、ミドルウェアやサービスなどをバーティカルに体系化し、総合的なシステムとして提供するのが富士通の役目だ」と、富士通 経営執行役 サーバシステム事業本部長の山中明氏は言う。

 TRIOLE BladeServerでは、システム構築を迅速にするためのテンプレートなどが提供される。テンプレートは、ブレードサーバの導入実績に基づき、サーバ集約のためのテンプレートや高信頼システムのためのテンプレート、クライアント統合のためのテンプレートなど、8つのパターンが用意されている。

 ハードウェアとしては、アップリンクで10Gビットのデータ転送が可能なスイッチをブレードに内蔵できる。10Gビット対応のスイッチブレードは「世界初」と山中氏。将来的にはI/O部分をより強化し、フル10Gビットのスイッチブレードを提供する予定だ。

ブレードサーバの市場状況は

 HPの上原氏は、ブレードサーバ市場が「そろそろアーリーマジョリティに受け入れられるレベルまで到達している」と話す。2006年第2四半期(2月〜4月)現在、国内でHPの出荷するサーバ製品の中でのブレードの比率は約7.4%。この比率を欧米レベルの15%にまで引き上げることが当面のHPの目標だ。

 また、x86ブレードサーバの国内におけるHPのシェアは、現在25.4%で2位。以前は国内シェア30%獲得を目標としていたHPだが、「30%はすぐに達成できそうなので、40%は獲得したい」と上原氏は言う。

 一方、サーバ製品全体では国内のプレゼンスが高い富士通も、ブレード製品に限ってみると「シェアは10%に達していない」と山中氏。しかし同氏は、「客のニーズが高まっているのは感じている。今年度中は無理でも、早い段階でシェアを20%にまで持って行きたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化