IBM、Cellチップ搭載ブレードサーバを公開へ--主要用途は技術計算処理か

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006年02月06日 12時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは今週、東芝やソニーと共同開発するCellプロセッサをベースにしたブレードサーバのデモを行うとみられている。

 Cellプロセッサは、「PowerPC」のプロセッシングコアを持ち、それを8つの専用コアで補完してチップの計算能力を引き上げる。また、同プロセッサは、ソニーからまもなく登場するゲーム機「PlayStation 3」の頭脳でもある。

 IBMは、Cell版ブレードサーバの用途について語ってはいないが、ハイパフォーマンスの技術計算向けになる可能性が高い。IBMはこの市場に力を入れており、Cellが搭載する8基のSynergistic Processing Engine(SPE)も高速計算に適している。

 IBMは、2月8日に第2世代のBladeCenterをニューヨークで発表するが、Cellのデモはこのとき行われる見込みだ。このイベントに詳しいに情報筋によると、新しいBladeCenterは「BladeCenter H」という名前になる見通しだという。IBMはこれについてのコメントを控えている。

 IBMは既にブレードサーバ市場をリードしているが、Cellベースのブレードは、新たな技術計算処理分野への参入によってリードを維持したいという同社の姿勢を示すものである。

 ブレードサーバはクラスタ環境では一般的ではない。ブレードサーバは、通常のラックマウントモデルよりコストが高い場合が多く、科学計算アプリケーションには不要な信頼性重視の仕様になっている。しかしCellブレードにより、この考え方が変わる可能性はある。Cellチップの専用計算エンジンを使うことで、一定数のブレードでも処理量が大幅に増加するためだ。

 クラスタ処理ではLinuxの人気が高く、IBM、ソニー、および東芝は、CellバージョンのLinuxをリリースしている。このバージョンには、シンプルなプログラムの読み込みや受け渡しを専用コアで実行するための機能が搭載されている。

 CellのPowerPCエンジンは、IBMの「SJ20」ブレードサーバやApple ComputerのPowerPC版Macが搭載する「IBM PowerPC 970」チップファミリーと同じ命令を実行できる。しかし、専用エンジンは命令が異なるため、IBMではソフトウェア開発に利用されるGCCに同チップのサポートを組み込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化