編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ネットジャパンと日商エレ、HP BladeSystemのディザスタリカバリーで協業

吉澤亨史

2007-09-26 21:50

 ネットジャパンと日商エレクトロニクスは9月26日、HP BladeSystem環境でのディザスタリカバリーソリューション「ShadowProtect Server Edition」の販売で協業を開始したと発表した。

 今回の協業では、ネットジャパンが販売するサーバ用のディザスタリカバリーソリューションShadowProtect Server Editionによって、HP製Blade型PCサーバ、HP BladeSystem上で確実なリストアを実現し、システム管理者のコストを削減できるバックアップソリューションを提供することが目的となっている。

 ShadowProtect Server Editionは、稼動中のサーバを止めることなく、OSやアプリケーションを含めたサーバボリューム全体をDisk to Diskのイメージングで確実・高速にバックアップするソフトウェア。2種類のVSSプロバイダに対応したホットイメージング機能、コンソールによるバックアップジョブの一元管理などの機能によって、Windowsサーバを強力に保護する。

 今回の協業に基づき、日商エレクトロニクスは、HP BladeSystem向けのバックアップソリューション「NE Backup for HP BladeSystem」を提供する。NE Backup for HP BladeSystemは、高い信頼性が要求されるミッションクリティカルなHP BladeSystemのバックアップシステムの迅速、確実な構築を可能にするもの。コンサルティングサービス、インストールサービスなどのサービスにより構成された、ソリューション製品となる。

 日商エレクトロニクスでは、ネットジャパンと緊密なパートナーシップのもとで、今後、HP BladeSystemの提案の多くにNE Backup for HP BladeSystemを加え、ShadowProtectの導入を積極的に推進していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]