日本HP、UNIX対応ブレードサーバHP Integrity BL860cを販売開始

CNET Japan Staff

2007-03-14 15:02

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は3月13日、UNIXに対応したサーバブレード「HP Integrity BL860c サーバブレード」をHP BladeSystemに追加し、販売活動を開始した。

 新製品は、デュアルコア インテルItanium 2プロセッサを最大2個搭載可能。HP-UXとLinuxをサポートし、2007年後半にはWindowsもサポートする予定という。HP BladeSystem c-Classの筐体に最大8枚搭載でき、x86プロセッサ搭載のProLiant ブレードと同一筐体内に混在することができる。

 メモリは最小1Gバイト、最大48Gバイト、内蔵HDDは2.5インチSASドライブを最大2基、I/O拡張は3スロット(メザニンカード)。価格は、1.6GHz シングルコアプロセッサ1個搭載の場合、34万1000円。

 同社は、今回の製品を「第3世代」ブレードとしている。第3世代の特徴は、サーバのみならず、ストレージやネットワークまでをブレード化したことだという。これを実現するために、I/Oの仮想化を業界に先駆けて実現した「HP バーチャルコネクト」、スピーディで直感的な操作ができる管理画面「HP インサイトコントロール」、近年問題化してきた発熱問題を抑止・冷却・監視によって、電力問題とともに解決する「HP サーマルロジック」などの技術が投入されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]