HP、ブレードサーバの草分けRLXを買収へ

CNET News.com Staff 2005年10月04日 12時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Hewlett-Packard(HP)がブレードサーバの草分けであるRLX Technologiesを買収し、サーバ製品群を拡大する予定だ。

 HPは今回の買収により、Linuxベースのブレードサーバ環境を管理するソフトウェアスイート「RLX Control Tower」を獲得する。アナリストやコンピュータメーカー各社によると、ブレードサーバ市場におけるLinuxの普及率は、サーバ市場全体に比べて高いという。RLX Control Towerソフトウェアは、UNIX/Windowsシステム用インフラ管理アプリケーションのラインアップに加わる。

 同取引の条件は、明らかにされていない。

 RLXは設立当初、ブレード製品を製造していた。ブレードとは、並べて設置することにより大型システムを構成する超薄型サーバである。同社は2004年12月にハードウェア事業から撤退し、ソフトウェア事業に専念していた。テキサス州スプリングに本拠を置く同社には、36人の社員と全世界に200社の顧客がいる。

 HPも、Advanced Micro Devices(AMD)の「Opteron」チップをベースにしたデュアルコアモデルをはじめとする各種ブレードサーバを用意している。

 IlluminataのアナリストGordon Haffは、「HPにとって賢明な措置だ。HPはプロビジョニングや管理に多くのエネルギーを投じている。仮に、(RLXが既に持つ)コードベースの多くが利用できなくても、望み通りのスキルや専門知識を持ったエンジニアの獲得は可能になる」と語った。

 両社は30日以内に合併作業を完了させる見通しだ。RLXは作業完了時点でHPのTechnology Solutions Groupに加わる。

 これで、HPはここ数週間で3社の企業を買収したことになる。同社は9月、企業のIT資産管理を支援するソフトウェアを開発するPeregrine Systems、そしてストレージ管理技術プロバイダーのAppIQの両社の買収に同意している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]