編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

Friendster、開発者用プラットフォームを公開--日本語対応も発表

文:Caroline McCarthy(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-12-12 10:52

 ソーシャルネットワークサービス(SNS)のFriendsterは米国時間12月11日、180以上のアプリケーションを含む開発者用プラットフォームの正式版を、5600万人の登録ユーザーに公開したと発表した。

 同社は、最初のプラットフォームを10月25日に公開している。

 この開発者用プラットフォームは、先にSlide、Rock You、Imeem、Jangl、Clearspring、Gboxなどウィジェットの分野で有名な企業に試験的に導入された。プログラムに参加する個人、開発者はアプリケーション内のスペースに広告を表示し、そこから上がるすべての収入を受け取る権利を持つ。

 Friendsterでは、他のサイト向けに設計されたアプリケーションと互いに容易に移植できるようにするため、このプラットフォームを可能な限り「オープン」なものにしたいと考えているという。

 Friendsterは、Googleが中心となって進められているOpenSocialのパートナー企業の1つ。現在、Friendsterは「(OpenSocialが)完成し、安心して使用できる」ようになったら、同APIを自社の開発者用プラットフォームに組み込むとの考えを示した。

 OpenSocialの仕様の策定が完了していない段階で、その中の参加企業がOpenSocialに先駆けて独自の開発者用プラットフォームを公開するのは今回が初めてではない。ビジネスネットワーキングサイトのLinkedInは今週、独自のプラットフォームInAppsを発表している。

 MySpace.comとFacebookの人気が高まる中、Friendsterは米国内で苦戦を強いられている。だが、同社はアジア太平洋地域のSNS市場では大きなシェアを獲得しており、これを受けて2007年秋より、各国語版のサイトの運営を開始した(編集部注:日本語版のサポートは12月11日に発表された)。このことは今回発表されたアプリケーションの一部にも反映されている。Yobo.comが開発した、中国語で音楽検索を実行できるアプリケーションがその一例だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]