編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

デル、EqualLogicブランドのストレージ製品を発表

文:Colin Barker(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-02-06 17:16

 ネットワークストレージのEqualLogicの買収を先週完了したばかりのDellは米国時間2月4日、自社名を付けた初のEqualLogic製品「Dell EqualLogic PS5000 Series」を発表した。

 PS5000 Seriesは、記憶容量が異なる3種類のiSCSI対応ストレージアレイ製品群である。エントリレベルである「PS5000E」は、容量は最大16Tバイトで、1TバイトのSerial ATA II対応ドライブを16台サポートする。価格は2万9110ドル。

 「PS5000X」は、ディスク回転速度10000rpmのSerial Attached SCSI(SAS)ドライブを搭載し、6.4Tバイトのストレージ容量を持つ。「PS5000XV」では、15000rpmのSASドライブをサポートし、ストレージ容量は最大4.8Tバイト。

 DellがEqualLogicを14億ドルで買収すると発表したのは、11月のことだ。PS5000 Seriesはそれからそれほど時間をかけずに登場する初のDellブランド製品となるため、Dellは製品設計に大きな影響を与えていないと思われる。Dellは、「間もなく」新しい製品を発表することをほのめかしているが、4日の発表時に同社幹部は詳細を明らかにしなかった。

 EqualLogic製品で、Dellのミッドレンジストレージラインにイノベーションをもたらすことが予想されている。Dellのストレージ担当セールスエンジニアであるLiam Farrell氏がそれを実演し、それぞれのグリッドに16台のドライブを搭載しながらも全体を1台として動かしてみせた。運行中にストレージアレイから2台のドライブを抜いても、支障はなかった。設定を自動で行うため、空調の騒音が大きくなること以外は、変更があった兆候はない。新製品は性能、柔軟性、信頼性が改善しており、16台のディスク構成が可能だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]