「Vista SP1」対「XP SP2」--Windowsベンチマーク対決の結果は - (page 2)

文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:藤原聡美、中村智恵子、緒方亮、長谷睦

2008-02-20 20:51

ベンチマークテスト

 テストの内容は前のテストと同じで、ファイルの移動、圧縮および解凍を行った。テストで使うファイルを2セット用意した。

  • 664Mバイトのファイル1つ
  • 1つのフォルダ内に10のフォルダがあり、その中に合計500のファイルが入っている(総容量は995Mバイト)

 この2通りのファイルで、次のテストを実施した。

  • ドライブ内コピー
  • 圧縮フォルダへのファイル追加(Windows標準の圧縮機能を利用)
  • 圧縮フォルダからのファイル取り出し(Windows標準の解凍機能を利用)
  • 1Gビットのイーサネット接続で、ネットワーク上の共有マシンにファイルを送信(送信先のシステムはVista SP1)
  • 1Gビットのイーサネット接続で、ネットワーク上の共有マシンからファイルを取得(取得元のシステムはVista SP1)
  • USB接続の外付けハードディスクにファイルを保存
  • USB接続の外付けハードディスクからファイルを読み込み

 さらに、起動時間も測定した(ブートローダから、デスクトップが利用可能になるまでの時間を「起動時間」とした)。

 各テストは4回ずつ行い、そのうち一番悪かった数値を除き、残り3回の数値の平均値をテスト結果とした。

 テスト中は、Microsoftが提供しているVista SP1ベンチマークのガイドラインに厳密に従った。このガイドラインは、私がSP1のコードに触れる以前にMicrosoftから提供されたものだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]