編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

SCSIデバイスが取り外し中のため、I/Oリクエストを発行できないというメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-04-07 11:00

scsihost (SCSI_ID): rejecting I/O to device being removed

対処

SCSIデバイスを取り外す前に、syncコマンドなどを使用してキャッシュの同期を取る。加えて、SCSIデバイスを取り外す際には、当該SCSIデバイスをアンマウントするなど、他のユーザによるI/Oリクエストが発生しないようにする。また、大量のファイルをコピーした直後などは、リクエストキュー内にI/Oリクエストが残っている可能性が高いため、避けたほうが良い。

説明

メッセージ中のSCSIデバイスは取り外し中のため、I/Oリクエストを発行できない。

このメッセージは、キャッシュの同期が取れていない、あるいはリクエストキュー内にSCSIデバイスに発行するI/Oリクエストが残っているにも関わらず、以下の操作などを行い、当該SCSIデバイスの取り外しを始めたため、アクセスできなかった場合に出力される。このエラーが発生した場合、I/Oリクエストは取り消される。


(1) SCSIエミュレーションしているUSBデバイスを取り外す。
(2) SCSIデバイスのデバイスドライバをアンロードする。
(3) echo "scsi remove-single-device <h> <b> <t> <l>" > /proc/scsi/scsi(*1)を実行し、SCSIデバイスを取り外す。

このメッセージはmid:14129と関連して表示される可能性が高い。SCSIデバイスを取り外す過程で、Linuxカーネルは該当SCSIデバイスの状態をcancel(SCSIデバイスの取り外しを始めた)からdeleted(SCSIデバイスは取り外された)に変更する。cancelの状態でI/Oリクエストが発行された場合は、このメッセージが出力され、deletedの状態で発行された場合は、mid:14129が出力される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]