EU、独自GPS「Galileo」の第2試験機を打ち上げ

文:Jennifer Guevin(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年04月28日 16時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Reutersの報道によると、欧州連合(EU)は53億ドルを投じて開発を進めているGalileoプロジェクトにおける第2号(最終号)試験衛星「Giove-B」の打ち上げに成功した模様だ。

 第1号の試験衛星「Giove-A」は2005年12月に打ち上げられた。Reutersによると、Giove-Bでは、Galileoプログラムの高精度原子時計と信号伝送技術をテストする。

 Galileoは欧州の衛星ナビゲーションシステムで、EU最大の宇宙プログラムとなる。最終的には30機の衛星を利用した高精度システムを目指すが、これまでの計画は難航している。

 まず、Galileoプロジェクトのローンチ日は延期に延期を重ねた。当初、2008年を計画していたが、現在では2013年となっている。次に、米国のGPS(全地球測位システム)との比較だ。米国のGPSが主として軍による利用を想定して開発され、公共に無料で提供されているのとは異なり、Galileoは商用を前提として立ち上がったプロジェクトだ。だが、この計画はあまりにも野心的なものであり、後に官民共同開発モデルが維持できなくなる。数社がプロジェクトの出資から撤退した後、EUは公的資金の投入を増やすことを決定した。現在では、そのEUの支援も保証されていない。英国の政治家は2007年11月、Galileoプロジェクトが将来的に財務管理できなくなるのではないかという恐れから、英国の参加を根本から見直すべきだと提起している。

 Galileoが実際に稼動するのはいつか、GPSと比べてどの程度優れているのか、などのGalileoに関する疑問は、どちらの技術を自社製品でサポートすべきかで迷っているモバイル業界の企業をさらに混乱させている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算