2007年国内IT市場規模は前年比2.7%増の12兆3916億円--IDC Japan

奥山順子

2008-05-07 17:39

 IDC Japanは5月7日、2007年国内製品別IT市場動向を発表した。

 発表によると、2007年の国内IT市場規模は前年比2.7%増の12兆3916億円となった。中でもパッケージ活用への流れが加速し、パッケージソフトウェア市場は前年比6.0%と高成長となっている。

 2008年の国内IT市場はセキュリティやコンプライアンスなどのソリューションへのIT投資が市場を牽引し、前年比2.6%増の12兆7098億円と予測している。特にストレージ出荷容量は2012年まで年間平均成長率(CAGR)約60%で拡大し、2012年には2007年の約10倍の3.233エクサバイト(3233ペタバイト)になると予測している。

 同社のITスペンディング/セキュリティ/ユーザー調査/PCsのグループリーダーの和田英穂氏は「これまでとは桁違いに大量なデジタル情報が生成されるDigital Universeの時代に向け、ITベンダーはデジタル情報を効率的に処理する技術の開発と普及に注力することが必須である。このことはグリーンITの観点からも重要である」と述べている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]