インテル、大容量SSDに向けて32Gビットのフラッシュチップを発表

文:Brooke Crothers(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一 2008年05月30日 11時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間5月29日、来るべき大容量ソリッドステートドライブ(SSD)に道を開く、さらに多くのデータを保存できるフラッシュチップを発表した。

 34ナノメートル製造プロセスによる32GビットNANDメモリチップの発表は、IntelとMicron Technologyの共同で行われた。

 東芝が最近、256Gバイトもの大容量SSDを可能にする43ナノメートル製造プロセスへの移行開始を発表したが、Intelは34ナノメートルとこれに勝っている。

 先週にはサムスン電子が、256GバイトのSSDを2008年後半に発売する予定だと発表している。

 Intelのプレスリリースによると、同社の32GビットチップによってSSDはコスト効率が改善され、「SSDを使ったストレージボリュームはたちどころに倍増し、現在の基準である256Gバイトを超える容量が、より小さな1.8インチ型で実現する可能性が出てくる」という。

 IntelのNANDプロダクトグループでマーケティンクディレクターを務めるPete Hazen氏によると、同社のSSDは2008年後半に「発売され増産される」という。

 Intelの32Gビットのメモリチップは、同社が1年ほど前に導入した16Gビットの技術から大きな飛躍を遂げている。当時Intelが発表したのは50ナノメートルプロセスだった。「今回の製品もダイサイズ(チップサイズ)は基本的に当社の50ナノメートルプロセスの製品と同等だが、集積度は2倍になる」と、Hazen氏は話す。

 Intelは大容量SSDへの進出にあたり、中心に位置づけているのは容量80Gバイトの製品のようだ。「SSD、例えば80GバイトのSSDを、これまでの世代では実現できなかった低コストで製造できるようになる」と、Hazen氏は話している。

 その一方で、Intelはさらに大容量の製品も発売する。「256Gバイトのものが、1.8インチ型ハードディスク(HDD)のサイズに余裕で収まる」とHazen氏は言う。例えば、Appleは「MacBook Air」で1.8インチサイズのSSDを採用している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化