アドビ、業務用ソフト「Adobe LiveCycle」をアップデート

文:Mike Ricciuti(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-06-17 19:58

 Adobe Systemsは企業向けウェブアプリケーション作成ソフトウェア「LiveCycle」をアップデートし、機能を拡充した。

 Adobeは米国時間6月17日、新しいコンテンツ管理機能と、金融サービス、政府アプリケーションをより短時間で作成できるツールを追加した「LiveCycle Enterprise Suite Update 1」を発表した。

 LiveCycleはAdobeのエンタープライズ事業の主要製品の1つであり、申し立てを行うにあたってファイルの記入および加工を要する公的機関のウェブサイトでの利用等、組織内外でなされる文書のやりとりのためのアプリケーション用に開発された。LiveCycleは、AdobeのPDF、Flexソフトウェアを利用して、ウェブベースのペーパーレスアプリケーションを作成する。

 また、最新版には、「LiveCycle Content Services ES」および「LiveCycle PDF Generator 3D ES」の2つの新しいコンポーネントが組み込まれている。

 Alfresco Softwareと共同開発されたContent Servicesでは、既存のエンタープライズコンテンツにリンクされたプロセスやアプリケーションを構築できる。たとえば、企業は、このツールを使って、メーカーとパーツサプライヤーを結ぶシステムや、病院と保険会社をリンクするシステムを作成できる。

 PDF Generator 3D ESは製造業向けで、2次元、3次元モデルをPDFフォーマットで共有できる。Adobeによれば、PDF Generator 3Dは40以上のCADアプリケーションに対応している。

 Adobeの関係者は、LiveCycle ES Update 1の提供開始は7月になると述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]