編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

アップル、「Mac OS X 10.5.4」をリリース

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、小林理子

2008-07-01 10:42

 Appleは「Leopard」の最新版「Mac OS X 10.5.4」をリリースした。Leopardが2007年10月にリリースされて以来、4度目のアップデートだ。

 Mac OS X 10.5.4にはいつものようにバグの修正とセキュリティ更新が含まれているが、最も注目すべきは「iCal」の修正だ。例を挙げると、このアップデートでiCalは利用者に通知なしにイベントを消去することがなくなる。またAppleによると「iCalの信頼性が全般的に改善される」。ほかに「Airport」と「Spaces & Expose」にもアップデートが加えられる。

 MacRumors.comによると、このアップデートは6月のWorldwide Developers Conference(WWDC)で披露された、「.Mac」を引き継ぐ新サービス「MobileMe」をAppleがリリースする下準備だという。

 ほかに、「Safari」やほかの問題に関するセキュリティ関連の修正もいくつか入っている。Mac OS X 10.5.4へのアップデートは、これから「Software Update」のポップアップを通じて通知されるほか、Appleのサイトを訪問すればダウンロードできる。

 興味がある人向けに報告しておくと、Mac互換機であるPsystarの「Open Computer」でSoftware Updateを実行したところ、予想どおり、使用できるアップデートのリストにMac OS X 10.5.4は表示されなかった。当記事を執筆している太平洋夏時間(PDT)6月30日のおおよそ午後2時時点では、Psystarはまだサイトにこの最新アップデートを掲載していない。Open Computer版の最新アップッデートの提供にはしばらく時間がかかるかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]