「30日間、スパムを集めろ」--マカフィー、スパムメールを世界で調査

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年07月02日 12時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 McAfeeは、映画「スーパーサイズ・ミー」でファーストフードを30日間食べ続けたMorgan Spurlock氏からヒントを得て、ボランティアを募りある実験をした。ボランティアは、インターネットを1日1時間利用し、あらゆる種類のニュースレターの登録やフォームへの情報記入を実行した。そして、その体験をブログに書くよう依頼された。

 McAfeeは米国時間7月1日、「Spammed Persistently All Month(S.P.A.M.)」と命名されたこの実験の結果を公表した。

 1月間で蓄積されたスパムメッセージは10万4000件で、受信者あたりに換算すると1日約70件となった。また、実験に使われたノートPCが受信した全電子メールの87%がスパムという結果も得られた。ただし、これらは、さほど驚くべき結果ではない。

 McAfee Avert Labsのセキュリティリサーチおよびコミュニケーションズ担当ディレクターであるDave Marcus氏によると、驚くべきことは、外国語のスパムの件数だという。そのうち最も割合が高かったのは、ドイツ語とフランス語だったという。

 他に次のような結果も得られた:

 女性より男性の方が多くスパムを受信(1日60.6件に対して76.6件)。

 スパム最多受信国は米国。ブラジル、そして、イタリアがそれに続く。

 ナイジェリア詐欺メールは米国より英国で一般的。

 また、少なくとも筆者にとって興味深かったのは、McAfeeの調査結果がSymantecの調査結果と似ていたことだ。McAfeeは全世界で50人の参加者を得たが、Symantecは世界に多数存在するDeepThreat Networkのコンピュータを利用した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化