編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Amazon Web Servicesが新ストレージサービスを提供

文:Rafe Needleman(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-08-22 07:27

 Amazonは米国時間8月21日、Amazon Web Servicesが提供するクラウドコンピューティングスイートのオプションとして、長期的なストレージサービス「Elastic Block Service(EBS)」をリリースすると発表した。すでにAmazonは、今回の方針を4月に打ち出していた。

 以前は、Amazonのクラウドコンピューティングプラットフォーム「EC2」上で実行されるジョブのデータは、そのジョブに付属する存在であったため、開発者は、EC2を通してのみ、そのファイルや情報へのアクセスが可能であった。しかしながら、EBSによって、開発者は、どんな望みのアプリケーションからでもアクセスが可能な、クラウドベースのファイルシステムの構築が可能となる。Amazonの他のクラウドストレージシステムとなる「S3」や「SimpleDB」では、このローレベルのアクセスは提供されていない。

 拡張性が高いAmazon Web Servicesのインフラストラクチャに基づき、EBSは、大半の障害にも耐性を備えるものの、RightScaleのブログは、「S3のストレージほど耐久性があるわけではない」と伝えている。とはいえ、Amazonの顧客は、EBSインストレーションのスナップショットを、S3にバックアップすることができる。

 EBSの容量は、1Gバイトから1Tバイトまで用意される。このサービスは、1Gバイト当たり10セントの月額料金で利用できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]