編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「OpenOffice.org 3.0」のリリース候補1版がリリース

文:Seth Rosenblatt(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-09-09 12:11

 OpenOfficeは、Microsoft Officeの代替フリーウェアとして人気の高いソフトウェアの新版「OpenOffice.org 3.0」のリリース候補1版(RC1)をリリースした。オープンソースのOpenOfficeは、広く利用されているMicrosoft Officeによく似ていて、また互換性のある生産性スイート。Windows、Mac、Linuxに対応している。

 現状で確認できる新機能としては、Microsoft Accessデータベースのサポート、Writerのマルチページビュー、ほぼ無制限化されたシート名の文字サポート、Google Docsのようなスプレッドシートを同時に複数人で共同編集できる機能、切望されていたOffice 2007のファイルタイプのサポートなどが挙げられる。

 OpenOffice 3の起動速度は、現行版よりも若干速いようだ。ただ、この点に関してはまだベンチマークテストを行っていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]