編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

世界のPC出荷台数、超小型軽量ノートPCのヒットで大幅上方修正

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-09-11 07:43

 PC業界は、悲観的になる必要などない。

 これは、世界PC市場の最新動向を調査しているIDCの最新リポートで明らかになったことだ。米経済成長の鈍化にもかかわらず、世界のPC出荷台数は、実のところ予想を上回る勢いで増加した。

 IDCが米国時間9月10日に公表したリポートによれば、世界のPC出荷台数は、2008年は15.7%増の成長を遂げ、3億1100万台に達すると予測されている。その後、わずかに成長速度は鈍化すると見られるものの、2012年まで9%以上の成長を保つと考えられている。IDCは、2012年の年間PC出荷台数が、4億8200万台を突破するとの予測を出した。

 エネルギーコストの増大、米国および西欧でのIT支出削減、日本、米国、欧州のPC市場における飽和状態の進行といった逆境があるにもかかわらず、今回の成長予測が発表された。では、一体この新たな明るい見通しの根底には、何があるのだろうか?

 IDCによると、Atomプロセッサで稼動する小型Netbookが、その成長要因である。

 西欧のPC出荷台数は、2007年の12%増という成長率から、ほぼ倍増して、2008年には23%増に達するという。ASUSTeK Computerの「Eee PC」を始めとする「低価格ノートPCの幅広い普及」が、この成長を牽引したと、IDCは分析する。欧州のコンシューマー向けノートPC出荷台数は、2008年第2四半期に60%増を記録し、2008年後半も、引き続き、同じ高い成長率を維持すると見られている。

 IDCが、低価格ノートPC市場の潜在的成長に関しては、かなり保守的な姿勢を示してきた点を考慮するならば、このことは大きな意味を持つ。Gartnerは、Netbookカテゴリーの製品出荷台数が、2008年には520万台を記録し、2012年には5000万台に達すると予測している。一方で、最近までIDCは、Netbookの出荷台数が、2008年は350万台、2009年は500万台、2012年でも920万台にとどまるとの予測しか出してこなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]