インテル、NetEffectを800万ドルで買収

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-10-16 07:43

 Intelは、イーサネット製品およびサーバコンピューティングクラスタ向け技術が専門となるNetEffectの買収を、正式に発表した。

 このほどIntelは、800万ドルを注ぎ込んで、NetEffectのイーサネット製品ポートフォリオ、知的財産、技術資産を含む保有資産を買収した。

 NetEffectは、InfiniBandに代わるイーサネット技術となる、「iWARP」を採用したソリューションを提供している。NetEffectの製品ポートフォリオには、サーバやブレードコンフィギュレーション向けの、1Gigabit Ethernet(GbE)および10GbEアダプタや、10GbE Application Specific Integrated Circuits(ASICs)が含まれている。

 IntelのLAN Access DivisionゼネラルマネージャーとなるTom Swinford氏は「データ通信ソリューションプロバイダーとしてのNetEffectの役割は、(中略)Intelが現在、イーサネットで取り組んでいる分野を強化するものとなる」との声明を発表した。

 Swinford氏は、NetEffectのテクノロジが、サーバ仮想化、ネットワークとストレージトラフィックのコンバージェンス、サーバコンピューティングクラスタを含む、Intelの既存の10GbE事業に貢献するとの見解を明らかにしている。

 マルチコアプロセッサベースのサーバ向けに設計され、仮想化技術向けに最適化された、Intelの現在の10GbEサーバアダプタポートフォリオには、銅線およびファイバ環境に両対応する、シングルまたデュアルポートバージョンが含まれている。NetEffectの買収により、Intelのイーサネットポートフォリオを補完する、High Performance Network Interface Card(NIC)製品が提供されることになる。

 NetEffectは、「Banderacom」の社名で、InfiniBandアダプタおよび16ポートのIBスイッチに特化した企業として、1998年に設立されており、2004年にNetEffectとして資本構成が変更された。主にエンジニアから成る30名の従業員は、NetEffectからIntelの開発チームへと加わり、引き続きテキサス州オースティンを拠点とする予定である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]