アドビ、「Adobe CS 4」製品群とリリーススケジュールを発表

冨田秀継(編集部) 2008年11月11日 16時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビ システムズは11月11日、「Adobe Creative Suite 4」製品群を発表した。13種類の単体製品に加え、各種製品を統合した6種類のスイート製品を用意。それぞれWindows版とMacintosh版をラインナップしている。本日よりアドビストアでの予約受付を開始し、2008年12月中旬から販売を始める。

Adobe Creative Suite 4 Master Collection

 Master Collectionは下記の製品構成を見ても分かるとおり、同社クリエイティブ製品の粋を集めたスイート製品。印刷、ウェブ、ビデオ、オーディオ、モバイルなど、様々なメディア向けのコンテンツ制作に対応する。

  • InDesign CS4
  • Photoshop CS4 Extended
  • Illustrator CS4
  • Acrobat 9 Pro
  • Flash CS4 Professional
  • Dreamweaver CS4
  • Fireworks CS4
  • Contribute CS4
  • After Effects CS4
  • Adobe Premiere Pro CS4
  • Soundbooth CS4
  • Adobe OnLocation CS4
  • Encore CS4
  • Adobe Bridge CS4
  • Adobe Device Central CS4
  • Dynamic Link
  • Version Cue CS4

 アドビストアでの価格は39万7950円。アップグレード価格は15万9600円からとなっている。

Adobe Creative Suite 4 Master Collection Adobe Creative Suite 4 Master Collection

Adobe Creative Suite 4 Design Premium/Standard

 Adobe Creative Suite 4 Design Premium/Standardは、印刷物、インタラクティブメディア、ウェブ、モバイルなどに対応するデザインツール。構成製品は下記の通り。

Design PremiumDesign Standard
InDesign CS4InDesign CS4
Photoshop CS4 ExtendedPhotoshop CS4
Illustrator CS4Illustrator CS4
Flash CS4 ProfessionalAcrobat 9 Pro
Dreamweaver CS4Adobe Bridge CS4
Fireworks CS4Adobe Device Central CS4
Acrobat 9 ProVersion Cue CS4
Adobe Bridge CS4
Adobe Device Central CS4
Version Cue CS4

 アドビストアでの価格はDesign Premiumが29万8200円、Design Standardが19万8450円。アップグレード価格はそれぞれ、11万8650円から、8万4000円からとなっている。

Adobe Creative Suite 4 Design Premium Adobe Creative Suite 4 Design Premium

Adobe Creative Suite 4 Web Premium/Standard

 Adobe Creative Suite 4 Web Premium/Standardは、ウェブデザイン、ウェブ開発のためのソフトウェア製品群。ウェブサイトの制作、ウェブアプリケーション開発、ユーザーインタフェースやプレゼンテーションのデザイン、モバイル向けコンテンツの制作をサポートする。

Web PremiumWeb Standard
Dreamweaver CS4Dreamweaver CS4
Flash CS4 ProfessionalFlash CS4 Professional
Photoshop CS4 ExtendedFireworks CS4
Illustrator CS4Contribute CS4
Fireworks CS4Adobe Bridge CS4
Acrobat 9 ProAdobe Device Central CS4
Soundbooth CS4Version Cue CS4
Contribute CS4
Adobe Bridge CS4
Adobe Device Central CS4
Version Cue CS4

 アドビストアでの価格はWeb Premiumが22万6800円、Web Standardが12万6000円。アップグレード価格はそれぞれ、9万2400円から、4万9875円からとなっている。

Adobe Creative Suite 4 Web Premium Adobe Creative Suite 4 Web Premium

Adobe Creative Suite 4 Production Premium

 Adobe Creative Suite 4 Production Premiumは、ビデオやオーディオ、インタラクティブメディアを制作するためのな統合映像制作ソリューション。放送、ウェブ、モバイル、Blu-rayなど、様々なメディアに映像を配信することができる。

  • After Effects CS4
  • Adobe Premiere Pro CS4
  • Photoshop CS4 Extended
  • Flash CS4 Professional
  • Illustrator CS4
  • Soundbooth CS4
  • Adobe OnLocation CS4
  • Encore CS4
  • Adobe Bridge CS4
  • Adobe Device Central CS4
  • Dynamic Link

 価格は26万1450円。アップグレード価格は9万8700円から。

Adobe Creative Suite 4 Production Premium Adobe Creative Suite 4 Production Premium

複雑な製品構成にめげないために

 新規ユーザーはアドビのウェブサイトで公開されている「おすすめのSUITEエディション」を利用すると参考になるだろう。また、既存製品のユーザーがアップグレードする際は、「アップグレード早分かりツール」が便利。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化