編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Office Web Applications」の初期版はオフライン機能なしで--MS幹部が明らかに

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-11-18 14:59

 サンフランシスコ発--Microsoftは、ブラウザ上でスプレッドシート、プレゼン用資料、ワード文書の作成、編集が可能なウェブ版Officeスイート「Office Web Applications」をリリースする準備を進めている。しかし、このスイートはインターネット接続が可能な場所でしか利用できない。

 MicrosoftのシニアバイスプレジデントChris Capossela氏は、米国時間11月17日に行われたインタビューの中で、少なくとも当初は、ブラウザベースのExcel、Word、PowerPointにオフラインモードは搭載しないと語った。

 Capossela氏は、「第一世代は、インターネットに接続した状態で利用する製品にするつもりである」とした上で、「オフラインでの利用には、無論、Officeスイートが非常に強力な製品となる」と付け加えた(この件に関するCapossela氏の完全なコメントは、下のYouTubeビデオで視聴可能。音質が悪い点をあらかじめお断りしておく)。

 Googleは以前からGoogle Docsへのオフライン機能の追加に取り組んできた。またAdventNetもGoogleより早く、同社のウェブベースアプリケーションZohoにオフライン状態でもブラウザ内で作業できる機能を追加した。

 Capossela氏のコメントは、ExchangeとSharepointのホステッド版「Microsoft Online」の発表を受けてのもの。

 Microsoftは、10月にロサンゼルスで開催されたProfessional Developer Conferenceで、ブラウザベースのOfficeアプリケーションの発売を正式に発表した。2008年内に技術プレビュー版をリリース予定だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]