編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

企業内で感染を広げる新種ワーム「Downadup」に注意

吉澤亨史

2009-01-09 20:29

 エフセキュアは1月8日、「Downadup」と呼ばれる新しいワームについて警告した。「Confiker」とも呼ばれるこのワームは、WindowsベースのPCやサーバに感染するとさまざまな問題を引き起こす。年明け以降、同社にはこのワームの感染ケースがいくつも報告されているという。

 Downadupには複数の感染経路があるが、Windows Server Serviceの脆弱性を悪用した場合、ネットワークパスワードを盗みとり、USBメモリに感染する。このため、Downadupワームが一度企業ネットワークに侵入すると、完全な駆除が難しくなる。なお、この脆弱性はマイクロソフトが提供している最新のパッチを適用することで解決可能だ。

 この種のワームに感染した場合、ユーザーが自分のアカウントにアクセスできなくなってしまうなどの恐れがある。これは、ワームがブルートフォース総当たり方式でPCのパスワードを盗み取ろうとし、ユーザーが複数回ログインに失敗したとみなされて、ロックアウトされてしまうからだ。

 このワームはコンピュータ起動の早い段階で実行され、必要なファイルへのアクセス権やレジストリのキーを設定してしまう。このため、ユーザーがワームを除去することが難しいことも特徴となっている。

 エフセキュアでは、ワーム感染の予防策として「マイクロソフトが提供している最新のパッチを適応する」「アンチウイルスソフトは最新のバージョンを使用し、最新のアップデートを適応する」「USBメモリの『AUTORUN』『AUTOPLAY』(自動実行機能)を無効にする」「ユーザーパスワード、特に管理者パスワードを安易なものにしない」という方法を挙げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]